OC for me > IUS(ミレーナ) > 新しい避妊法IUSってな~に?

ますは知りたいOCの基本

IUSは一度装着すれば、長期にわたり、高い避妊効果が続く避妊法です。
飲み忘れの心配がなく、毎日避妊のことを考える必要がありません。
女性のQOL(生活の質)をアップさせる、うれしいメリットもたくさんあります。
まずは、IUSについて正しい知識を身につけておきましょう。

IUSとは?

IUSとはIntrauterine Contraceptive Systemの略称で、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内避妊システムです。OC(低用量経口避妊薬)に匹敵する高い避妊効果とIUD(子宮内避妊用具)の長期にわたる避妊という2つの特徴を併せ持っている、もっとも効果が高く安全な避妊法のひとつです。

IUSにできること

長期間、確実な避妊が可能!

IUSは「子宮内膜に作用して内膜がうすくなり、受精卵の着床(妊娠の成立)を妨げる」、「精子を子宮に入りにくくする」という主に2つの働きにより、長期間(最長5年)、確実な避妊ができます。服用の手間がなく、毎日避妊のことを考える必要のない快適な避妊法です。

詳しくは「もっと知りたい!IUSのイロイロ」

生理の出血量(経血量)が減少し、生理痛を緩和します!

IUSは子宮内膜が厚くなるのを抑えます。そのため、子宮からはがれ落ちる経血量が減り、生理の出血量が少なくなります。生理痛が軽くなる女性や生理による貧血が改善する女性も多くいます。

避妊以外のうれしい効用

世界各国の研究によって多くのメリットが報告されています。

  • 生理の出血量が減って、生理痛も軽くなり快適!
  • ツライ貧血も改善!
  • 子宮の病気(子宮内膜症、子宮腺筋症 など)で多かった生理の出血量が減り、ツライ痛みも軽くなる
  • 局所(子宮)に作用するため、血液中に黄体ホルモンの移行が少なく、全身的な副作用が少ない
  • ホルモン補充療法(HRT)時の子宮内膜保護
  • 子宮体がんの予防

これらのメリットはIUSを装着したすべての人に現れるわけではありませんが、世界中で多くの女性に喜ばれているものばかり。生理の出血量が多く、生理痛がひどい人、子宮の病気で悩んでいる人などは、ひとつの選択肢としてIUSを考えてみるのもいいでしょう。

※IUSは避妊薬として日本で承認されています。海外では過多月経やホルモン補充療法(HRT)時の子宮内膜保護にも使用されています。

IUSとIUD(子宮内避妊用具)の違い

IUDはIntrauterine Deviceの略称で、IUSと同様、子宮内に装着する小さな器具です。一度装着すれば数年にわたり避妊が可能です。

IUDの種類には、避妊効果を高めるために軸に銅線がコイル状に巻かれているもの、薬剤が付いているもの、何もついていないものがあります。薬剤が付いているIUDの中で黄体ホルモンを用いたものがIUSです。形状はT字型のものや魚の骨のような形をしたものがあります。避妊効果もそれぞれ異なりますが、IUSや銅線が巻かれているIUDは避妊効果が高いことで知られています。

IUSを挿入するには

まずは、婦人科や産婦人科で受診します

【挿入する前に行うこと】
IUSは医師による装着が必要です。まずは、婦人科や産婦人科を受診しましょう。
IUSを挿入する前には、子宮の位置やサイズ、骨盤内諸臓器、乳房の検査、腟内容物の検査を行います。その他、妊娠していなこと、性感染症にかかっていなことなどを確認し、問題がなければ、使用することができます。 まず、受診する前にIUSの取り扱いがあるかどうか医療機関に確認してから、受診することをお勧めします。

【いつどのように挿入するの?】
IUSは生理開始後7日以内に挿入します。妊娠初期の流産または妊娠初期の人工妊娠中絶の場合はその直後に挿入することができます。ただし、出産後は子宮の回復(6週間以上)を待ってから挿入します。 子宮の入り口を消毒し、IUSが入った細くて柔らかいプラスチックのチューブを使って子宮内に挿入します。挿入時は痛みを感じることがありますが、装着後はそのまま帰宅できます。

子宮の中にものを入れるのは不安!!

そんな女性も多いかと思います。IUSはT字型をした非常に小さく(3.2cm×3.2cm)、やわらかい器具です。挿入するときに痛みを感じる人もいますが、心配はいりません。痛みを感じた時は医師に伝えましょう。

詳しくは「もっと知りたい!IUSのイロイロ」

IUSの副作用

IUSは局所(子宮)に作用することにより、血液中に黄体ホルモンの移行が少ないため、全身的な副作用は少なく、血栓症のリスクも低いといわれています。 装着後数カ月間は生理とは異なる出血がみられることがありますが、通常は時間の経過とともにおさまります。

主な副作用は、生理の日数の延長、生理周期の変化、卵巣のう胞、IUS除去後の出血、生理期間以外の出血、腹痛などです。卵巣のう胞は、通常、ホルモンの変化に伴う一時的なもので自然に消失します。
重い副作用には、骨盤内炎症性疾患(PID)、子宮外妊娠、IUSの脱出、穿孔*)、卵巣のう胞破裂などがあげられますが、これらは、非常に少ない副作用です。
穿孔(せんこう):まれにIUSが子宮壁に入ってしまうことがあります。

※症状が長く続くときやひどい場合は医師に相談してください。

詳しくは「もっと知りたい!IUSのイロイロ」

生理が起らなくなる場合があります。

黄体ホルモンの作用により子宮内膜が薄くなるため、生理の回数が減り、約20%の人で生理が起らなくなります。 IUS装着中に生理が起らなくなることは必ずしも妊娠または閉経を示すものではありませんが、以下の兆候があわれた場合は、直ちに受診してください。

前回の生理から6週間以内に生理が起らない場合

吐き気、嘔吐、食欲不振などのつわりのような妊娠を疑う兆候があらわれた場合

詳しくは「もっと知りたい!IUSのイロイロ」

IUSを取り扱っている医療機関、製品に関するお問い合わせは
OCサポートコールで受け付けています。

03-3267-4104
ご利用時間:月~金 10:00~16:00(土,日,祝日,年始年末を除く)

自宅の近く?それとも会社?あなたの近くのパートナードクターを検索 安心して相談できる婦人科医を見つけたい!
という方は
エリアや条件別に探せる  > > >

ページTOP