OC for me > IUS(ミレーナ) > もっと知りたい! IUSのイロイロ

もっと知りたいIUSのイロイロ

IUSってな~に?
「どうして避妊ができるの?」、「自分にあっているかしら?」そんな不安をすっきり解消します! 「IUSについて、もっと知りたい!」という人のために、IUSのイロイロをわかりやすくまとめました。

長期間、確実な避妊が可能!

IUSは主に2つの働きにより、確実な避妊ができます。
IUSの軸に付いている薬剤(黄体ホルモン)は子宮内膜に作用して内膜が薄くなり、受精卵の着床(妊娠の成立)を妨げます。また、子宮の入り口の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくすることで、高い避妊効果を発揮します。

一度の装着で最長5年間にわたり高い避妊効果が続きます。服用の手間もなく、毎日避妊のことを考える必要がありません。

避妊のメカニズム

【図】子宮内に装着されたIUS

生理の出血量(経血量)が減少し、生理痛を緩和します!

IUSから放出される黄体ホルモンは子宮内膜が厚くなるのを抑える働きがあります。子宮内膜が薄くなると、子宮からはがれ落ちる経血量が減り、生理の出血量が少なくなること、生理痛の痛みのもととなる物質が減ることから、生理痛も軽くなります。また、生理の出血量が少なくなることにより、貧血が改善する女性も多くいます。

【図】子宮内膜の変化

IUSはもっとも効果の高い避妊法のひとつです。

現在、日本で使用されている避妊法にはさまざまな種類がありますが、IUSはもっとも効果が高く、安全な避妊法のひとつです。長期間(最長5年)効果の高い避妊ができ、生理の出血量も減り、生理痛も軽くなります。

  • *選んだ避妊法を正しく続けて使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合
  • **選んだ避妊法を使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合

IUSは除去すれば妊娠可能

IUSは除去すれば、子宮が挿入前の状態に戻り、妊娠が可能になります。IUSを装着したら、今後、妊娠できなくなるなんてことはありません。

ほとんどの女性が使用可能

IUSは子宮内に装着するため、出産経験があり、長期に避妊を望む女性に適しています。

  • これ以上妊娠を希望しない女性
  • 次ぎの出産まで期間をあけたい女性
  • 長期にわたり避妊を望む女性

IUSはOCと比べると大人の女性に適した避妊法といえますが、ほとんどの女性で使用することができます。ただし、場合によってはIUSが適さないこともありますので、医師に相談してみましょう。

以下の女性にも使用することができます

  • OCが服用できない女性「35歳以上15本以上の喫煙者」、「高血圧」、「不整脈」など
  • 出産経験のない女性出産経験のない女性は子宮の入口が狭いため、挿入する時に気分が悪くなる可能性などがあります。よって、一番に勧められる避妊法ではありませんが、安全性は認められているので、医師に相談してみましょう。
  • 子宮の病気により生理の出血量が多く、痛みがひどい女性
  • ホルモン補充療法(HRT)を行う時の子宮内膜保護に使用する女性 など

※IUSは避妊薬として日本で承認されています。海外では過多月経やホルモン補充療法(HRT)時の子宮内膜保護にも使用されています。

性感染症(STI)の予防には

クラミジアやエイズなど、セックスでうつる病気を性感染症(STI)といいます。感染初期には症状のないものが多いため、気がつかないうちにうつっていたり、相手にうつしてしまうことがあります。性感染症予防にはコンドームが必要です。IUSで確実な避妊を、コンドームで性感染症の予防をして、セーファーセックスを心がけましょう。

世界で1800万人の女性たちが使用しています。

IUSは1990年にフィンランドで初めて承認され、現在では、120ヵ国以上、1800万人の女性に使用されている信頼のできる避妊法です。

IUSとIUD(子宮内避妊用具)との違い

IUSとIUDの違い

IUSもIUDも子宮内に入れる避妊具ですが、避妊効果を発揮するメカニズムが異なります。

IUSは黄体ホルモンの作用により子宮内膜が薄くなり、受精卵の着床(妊娠の成立)を妨げたり、子宮の入り口の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくすることで避妊効果を発揮します。IUDは子宮内にIUDという異物を入れることにより、異物反応を起こし、精子の運動を阻害したり、精子・卵子の受精を阻害することで避妊効果を発揮します。 IUSは生理の出血量の減少や生理痛を緩和しますが、IUDは生理の出血量が増える場合があります。

IUS装着後にみられる出血パターンの変化

IUS装着後、初回の生理から出血量は減りますが、生理と異なる出血が数ヵ月間みられることがあります。ただし、通常は時間の経過とともにおさまります。 生理と異なる出血は、避妊での使用の場合、3ヵ月くらい、子宮の病気での使用の場合、6ヵ月くらいでおさまる人が多いようです。
※出血がおさまるまでの期間には、個人差があります。

IUS使用開始後の1ヵ月あたりの平均出血日数

【図】IUS使用開始後の1ヵ月あたりの平均出血日数

IUSを取り扱っている医療機関、製品に関するお問い合わせは
OCサポートコールで受け付けています。

03-3267-4104
ご利用時間:月~金 10:00~16:00(土,日,祝日,年始年末を除く)

自宅の近く?それとも会社?あなたの近くのパートナードクターを検索 安心して相談できる婦人科医を見つけたい!
という方は
エリアや条件別に探せる  > > >

ページTOP