OC for me > 女性の基礎疾患 > 症状から調べる

女性の基礎疾患

月経トラブル

月経時の出血量に変化が出る(多くなった・なくなった)

心配される病気や状態

経血量が多く、血の塊が出たりする場合を過多月経と言います。これは冷えやストレスでも起これば、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因の場合もあります。経血量が少ない場合はホルモン異常なども考えられます。

月経の回数に変化が出る(多くなった・なくなった・不定期)

心配される病気や状態

正常な月経周期とは、月経初日から次の月経の前日までをいい、正常周期とは25~38日間をいいます。ホルモンバランスの乱れによって月経周期が乱れることはよくあり、心配のない状態も多いもの。ただし3か月以上月経がない場合は受診をお勧めします。

月経痛がひどい

心配される病気や状態

もともと月経痛がひどく、日常生活に支障をきたすような症状がある場合を月経困難症と言います。ストレスなどで痛みが強くなるケースもありますが、心配なのはその痛みの裏に病気が潜んでいること。子宮内膜症や子宮筋腫が原因で月経痛がひどい場合も。

月経期間以外のトラブル

心配される病気や状態

月経前に限って症状が出る場合、その多くがPMS(月経前症候群)と呼ばれるものです。多彩な不快症状が起こり、その強さには個人差があります。また、月経と月経の間には排卵時特有の症状が起こる場合もあります。

ページTOP

その他のトラブル

陰部がかゆい

心配される病気や状態

陰部がかゆい場合、STI(性感染症)の可能性があります。ただし、日常生活でかゆみの原因を自分で作っているケースも多く、下着や月経用品、洗い方などを見直すことで、かゆみがおさまる場合も多いようです。

おりものが臭う

心配される病気や状態

トリコモナスなどのSTIでおりものが臭う場合もありますが、思い過ごしが意外と多いもの。腟膣の中には常在菌がいて、ストレスなどで免疫力が弱ると、細菌が増殖して、においの原因となる場合もあります。

おりものに変化が出る

心配される病気や状態

おりものに色がついたり、血が混じったり、あるいは量が増えるなどの変化が出たら、腟あるいは子宮で異常が起きている可能性があります。またSTI(性感染症)の可能性もあるので、普段のおりものの状態を観察しておくことも大切。

不正出血

心配される病気や状態

月経ではない時期に出血したり、性交後に出血するのが不正出血です。もっとも多いのはホルモン異常による機能性出血。若い女性でホルモンの機能が成熟していない時期や、産後の回復時、更年期のホルモンの機能低下が原因でおこる出血のことです。不正出血の中にはポリープやびらん、子宮がんが原因の場合もあります。

性交痛がある

心配される病気や状態

外陰部周辺がこすれて痛い、分泌が足りなくて痛い場合はパートナーとのコミュニケーション不足が原因の場合も。あるいは腟炎などが起きているケースや、初期の更年期障害で分泌量が減っているというケースもあります。突き上げるような激痛の場合は子宮内膜症の可能性があります。

自宅の近く?それとも会社?あなたの近くのパートナードクターを検索 安心して相談できる婦人科医を見つけたい!
という方は
エリアや条件別に探せる  > > >

ページTOP