OC for me > OC(低用量ピル) > 疑問・不安解消Q&A

Q1 飲み忘れたらどうなるの?

A

【偽薬(プラセボ錠)を飲み忘れた場合】
問題ありません。飲み忘れた錠剤は捨ててかまいません。
【飲み忘れに翌日(1錠飲み忘れ)に気づいた場合】
すぐに飲み忘れた錠剤を飲み、翌日からは残っている錠剤を順番どおりに続けて1日1錠ずつ飲みます。ただし、生理予定日を変更したくなければ、飲み忘れに気づいた日の分の錠剤は捨ててもかまいません。
【飲み忘れが2日(2錠)以上の場合】
服用を中止し、次の生理初日から、新しい薬剤シートで飲み始めてください。
服用をやめた周期はコンドームなど他の避妊法を試用してください。よく分からない場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

ページTOP

Q2 他の薬と一緒に飲んでも大丈夫?

A

薬やサプリメントの中にはOCの避妊効果を低下させるものがあります。代表的なものは、結核の薬やてんかんの薬、ある種の抗生物質、セントジョーンズ・ワートというハーブを使用したサプリメントなどです。OC以外の薬を飲む必要がある場合や、別の薬を常用している人がOCを飲み始める場合は、あらかじめ医師または薬剤師に相談してください。

ページTOP

Q3 値段はいくらするの?

A

OCは自由診療ですので、健康保険は適用されません。そのため、値段はそれぞれの病院によって異なります。OC処方が可能かどうかも含めて、事前に電話などで問い合わせてください。1シート(1か月分)の薬代、処方料、指導料などを合わせて、およそ2千円~4千円が一般的です。受診時には、念のため健康保険証を持っていきましょう。

ページTOP

Q4 生理が楽になるの?

A

OCを服用すると子宮内膜が厚くなりません。そのため、子宮からはがれ落ちる経血量が減り、生理の出血量が少なくなります。生理による貧血も改善されます。生理痛が軽減する女性も多くいます。また、生理周期が規則正しくなるため、スケジュールが立てやすくなります。個人差はありますが、かなり多くの女性がOCを服用してから「以前より生理が楽になった」という感想を持つようです。

ページTOP

Q5 肌がキレイになるって本当?

A

OCによってホルモンバランスを安定させることで、ニキビが改善するということが科学的に認められています。その他の治療法でニキビが治らずに悩んでいる人には、試してみる価値のある薬です。

ページTOP

Q6 太るって聞いたけど?

A

「OCを飲むと太る」というのは、40年ほど前に使われていた、ホルモン量が多かった中用量ピル、高用量ピル時代の話です。現在のOCは、ホルモン量が当時の数分の1と少なくなりました。現在のOCが原因で太るということは、科学的に根拠がありません。ちなみに、日本で行われたOCの臨床試験でも、統計的には大部分の人は±2kgの範囲でした。これはOCを服用していない人の体重変動と差がありませんでした。

ページTOP

Q7 タバコを吸っていたら飲めないの?

A

【image】禁煙35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う人は、OCを服用できません。タバコを吸う人がOCを服用すると、血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用を起こすリスクが高くなるといわれています。このリスクは年齢が高いほど、また喫煙本数が多いほど高くなっていきます。健康のためにも、禁煙または喫煙量を減らしましょう。
喫煙量がどうしても減らせない人には、IUSやIUDという避妊法もあります。詳しくはQ14をご覧ください。

ページTOP

Q8 医師による問診って何を聞かれるの?

A

各医療施設で必ずしも同じことを聞かれるわけではありませんが、例としてJFPAクリニックでは以下のようなことを聞いています。

  • 妊娠中または妊娠している可能性がありますか。
  • 現在授乳中ですか。
  • 喫煙しますか。喫煙する場合は、喫煙年数と1日の喫煙本数はどの程度ですか。
  • 高血圧と言われたことがありますか。
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、心臓弁膜症などの心血管系 疾患またはその既往がありますか。
  • 過去2週間以内に大きな手術を受けましたか。または今後4週間以内に手術の予定 がありますか。
  • 脂質代謝異常(高脂血症等)と言われたことがありますか。
  • 激しい頭痛や片頭痛があったり、目がかすむことがありますか。
  • 性器の不正出血がありますか。
  • 乳がんや子宮がんと診断されたことはありますか。
  • 糖尿病と言われたことがありますか。
  • 胆嚢疾患や肝障害と診断されたことはありますか。
  • 現在服用中の薬剤やサプリメントがありますか。

ページTOP

Q9 妊娠や出産、生まれてくる赤ちゃんに影響はないの?

A

OCの成分は体に蓄積されるものではなく、海外の調査結果からも、OCを服用していなかった人と比較して不妊が増えたりすることはありません。また、OC服用中止後すぐに妊娠しても、生まれてくる赤ちゃんに先天的な異常が増えることはないと考えられています。

ページTOP

Q10 がんになりやすいのでは?

A

OCの服用と発がんの関係は全く不明です。海外の報告で、子宮頸がんと乳がんのリスクがほんのわずかに上がるという報告があるくらいです。ただし、5年未満のOC服用によって上がるとされている子宮頸がんのリスクは、ごくわずかです。また、OCの使用によって乳がんのリスクが増加する可能性はない、もしくはごくわずかと考えられています。その一方で、OCは子宮体がん、卵巣がん、大腸がんのリスクを大きく減らすことが知られています。

ページTOP

Q11 生理を調整することで体に異常がでるのでは?

A

そんなことはありません。昔の女性は、妊娠・出産回数が多く、生涯の生理回数は50回ほどでした。それに対し、妊娠・出産の機会が減った現代女性の生涯の生理回数は450回~500回。生理や排卵が増えたことで、現代女性には子宮内膜症、乳がん、卵巣がんなどの病気が増加傾向にあると考えられています。OCはこうした病気のリスクを減らし、女性のQOL(Quality of Life = 生活の質)を高めてくれるのです。

ページTOP

Q12 ずっと飲み続けても大丈夫なの?

A

妊娠を望まない間は、ずっと飲み続けられる薬です。妊娠を望むときがきたら、服用を中止してください。
出産経験があり、長期の避妊を望む人には、IUS(子宮内避妊システム)という避妊法もお勧めです。詳しくはQ14をご覧ください。

ページTOP

Q13 OCに年齢制限はあるの?

A

OC服用の年齢制限ははっきり決まっていませんが、初経(初めての月経、生理)を迎えた年齢から閉経の時くらいまで飲めます。閉経したら、OCよりもホルモン量が少ないホルモン補充療法に切り替えたほうがよいでしょう。

ページTOP

Q14 OC以外に効果の高い避妊法ってあるの?

A

効果の高い避妊法としてIUS(子宮内避妊システム)、IUD(子宮内避妊用具)があります。いずれも小さな器具を子宮内に装着するもので、主に出産経験のある女性に使用されています。特にIUSは、装着後、黄体ホルモンを子宮内へ持続的に放出することでOCと同等の高い避妊効果が得られます。一度の装着で長期(最長5年)にわたる使用が可能であり、装着後、時間の経過とともに生理の日数が減り、これに伴い生理痛も軽くなるようです。また、タバコを吸っている人でも使用することができます。これらの避妊法は、OCと同様、世界で多くの女性に使用されている信頼できる避妊法です。自分に適しているのかなど、詳しい情報を知りたい方は、本サイトのIUSについてのページをご覧ください!
「新しい避妊法IUSってな~に?」

自宅の近く?それとも会社?あなたの近くのパートナードクターを検索 安心して相談できる婦人科医を見つけたい!
という方は
エリアや条件別に探せる  > > >

ページTOP