OC for me > OC(低用量ピル) > まずは知りたいOCのキホン

ますは知りたいOCの基本

OCには、ほぼ100%の高い避妊効果のほかにも、健康面において女性のQOL(生活の質)をアップさせる、うれしいメリットがたくさんあります。OCを上手に使いこなしてより充実した生活を送るためにも、OCについて正しい知識を身につけておきましょう。

OCとは?

OCとはOralContraceptivesの略称で、低用量経口避妊薬、または低用量ピルのことです。OCには、合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)という2つの女性ホルモンが含まれています。

OCにできること

正しく服用すればほぼ100%避妊可能

OCは「排卵を抑制する」「受精卵を着床しにくくする」「精子を子宮に入りにくくする」という主に3つの働きにより、正しく服用すればほぼ100%避妊できます。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

生理周期をコントロールできます

生理周期とは、「生理の始まった日から次の生理が始まる前日までの日数」をいいます。OCを服用するとこの生理周期がキチンと28日周期になり、生理がいつ来るかもわかるため、毎月のスケジュールが格段に立てやすくなります。また、旅行といった生理が重なると困る場合でも、OCで生理を簡単にずらすことができます。「いつ生理が来るかわからない」という心配がなくなるので、仕事やプライベートの行動範囲もより広がりますね。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

避妊以外のうれしい効果

世界各国の研究によって多くのメリットが報告されています。

  • 生理痛が軽くなって、体も心もラクに!
  • 生理の出血量(経血量)が減って、ツライ貧血も改善
  • ニキビがよくなる!
  • 子宮内膜症の悪化を防ぐ
  • 長く飲み続けると、卵巣がん、子宮体がん、乳房良性疾患のリスクが減る
  • 骨粗しょう症になりにくくなるので、将来の骨まで安心
  • 女性に多い関節リウマチを予防

これらのメリットはOCを服用したすべての人に現れるわけではありませんが、世界中で数多くのユーザーに喜ばれているものばかり。生理痛やニキビなどで悩んでいる人は、ひとつの選択肢としてOCを試してみるのもいいでしょう。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

OCの種類

OCには21錠タイプと28錠タイプがあります

21錠タイプ
1シートにホルモンが含まれている21錠の錠剤が入っています。 7日間、薬を服用しない期間があります。
28錠タイプ
1シートにホルモンが含まれている21錠の錠剤と、ホルモンが含まれていない7錠の偽薬(プラセボ錠)が入っています。偽薬は、毎日飲み続ける習慣をつけ、飲み忘れを防ぐために服用するものです。

【image】21錠タイプ・28錠タイプ

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

OCの飲み方

1日1錠、毎日ほぼ同じ時間に服用します

1日1錠を、毎日ほぼ同じ時間に飲みます。21日間飲んだ後、7日間休むか偽薬(ホルモンの含まれないプラセボ錠)を飲みます。大切なのは飲み忘れないこと。ライフスタイルにあった、忘れにくい時間を選びましょう。

【初めてOCを服用する場合】
「Day1スタートピル」を選択した人は・・・生理1日目から、指定された順番通りに、1日1錠ほぼ同じ時間に飲み始めます。
「Sundayスタートピル(※)」を選択した人は・・・
生理開始後、最初に来る日曜日から、指定された順番通りに、1日1錠ほぼ同じ時間に飲み始めます。
※最初の日曜日が生理が始まってから5日を過ぎてしまう場合、1シート目の最初の1週間はコンドームなど、ほかの避妊法を併用する必要があります。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

OCの副作用

重い副作用が起こることは稀です

飲み始めのころ、体内のホルモンバランスが今までと違った状態になり、吐き気、頭痛、不正出血、乳房の張り、倦怠感といったマイナートラブルが起きる人もいますが、服用を続けるとだいたい3か月以内でおさまります。重い副作用として、血栓症、心筋梗塞、脳卒中になるリスクが少し高くなるといわれていますが、日本人には稀です。血栓症でいえば、妊娠時におこるリスクのほうが高く、OCはそれよりはるかに少ないといわれています。

※症状が長引く場合は、医師に相談しましょう。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

OCを手に入れるには

まずは、婦人科や産婦人科で受診します

OCを入手するには、医師の処方箋が必要です。まず婦人科や産婦人科(一部、内科、皮膚科でも処方しています)で受診し、医師による問診や血圧測定を受け、問題がなければ処方してもらいます。以前はOCを処方してもらうために数多くの検査が必要でしたが、2006年2月にガイドラインが改訂されてからは、基本的には問診と血圧測定だけで簡単に入手可能になりました。子宮がん、乳がん、性感染症の検査などはセルフケアとして大切ですが、OCを処方してもらうために必須というわけではありません。

詳しくは「もっと知りたい!OCのイロイロ」

自宅の近く?それとも会社?あなたの近くのパートナードクターを検索 安心して相談できる婦人科医を見つけたい!
という方は
エリアや条件別に探せる  > > >

ページTOP